Wiktionary:日本語の発音表記

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

ここでは、東京方言について取り扱われており、日本語全般について記されてはいない。
日本語(標準語)の発音表記についての詳細を記す。記号は国際音声記号を使用。ウィキペディアにある日本語の項も参照。

音素一覧[編集]

子音[編集]

両唇音 歯音 歯茎音 後部歯茎音 硬口蓋音 軟口蓋音 口蓋垂音 声門音
破裂音 p b t d k ɡ
破擦音 tˢ  
鼻音   m   n   ɴ
弾き音   ɽ
摩擦音 s z h  
接近音   j   w

母音[編集]

前舌 中舌 後舌
i   ɯ  
 
半狭
e     o
半広
 
a  

約束事[編集]

音素の説明に「……の子音」または「……の母音」とあり、特記がない場合、その文字を単独で発音した時に出現する音を指している。

子音[編集]

母音/i/の前では硬口蓋化 ([ʲ]) された子音が用いられる。

/p/
「ぱ、ぴ、ぷ、ぺ、ぽ」の子音。音価は[p]
/b/
「ば、び、ぶ、べ、ぼ」の子音。音価[b]。閉鎖し切られずに[β]となる場合がある。
/t/
「た、て、と」や「ティ、トゥ」の子音。音価[t]
/d/
「だ、で、ど」や「ディ、ドゥ」の子音。音価[d]
/k/
「か、き、く、け、こ」の子音。音価[k]
/ɡ/
「が、ぎ、ぐ、げ、ご」の子音。音価[ɡ]。語中の多くの位置で[ŋ]となり、話者によっては弁別的となる。いずれの場合も閉鎖しきらずに摩擦音となる場合がある:[ɣ], [ɣ̃]
  • 鼻音化について、片仮名の発音表記では「゜」を使っている:ニ↗ホンコ゜(日本語)
/ts/
「ち、つ」や「チャ」等の子音。音価[t͡s]。硬口蓋化子音は[t͡ɕ]
/m/
「ま、み、む、め、も」の子音。音価[m]
/n/
「な、に、ぬ、ね、の」の子音。音価[n]
/ɴ/
平仮名では「ん」と書かれる、モーラ的子音。多くの場合、後続の子音と同器官音となり、又硬口蓋化の影響を受ける。
  • 単独或は語末では[ɴ]
  • /p/, /b/, /m/の前では[m]
  • /t/, /d/, /tˢ/, /n/の前では[n]
  • /k/, /g/の前では[ŋ]
  • /ɽ/の前では[ṉ]
母音、/s/, /h/, /j/, /w/等の前では鼻母音となる: [ɸɯɯ̃íkʲi](ふんいき【雰囲気】)
/ɽ/
「ら、り、る、れ、ろ」の子音。話者によって発音が違い、[ɖ], [ḻ], [l̺], [ɺ], [ɾ]等がある。
/s/
「さ、し、す、せ、そ」や「シャ」等の子音。音価[s]。硬口蓋化子音は[ɕ]
/z/
「ざ、じ、ず、ぜ、ぞ」や「ぢ、づ」の子音。音価[d͡z]、硬口蓋化子音は[d͡ʑ][z]及び[ʑ]となる事もある。
/h/
「は、ひ、ふ、へ、ほ」の子音。音価は/i/の前では[ç]/ɯ/の前では[ɸ]、その他の場合は[h]
/j/
「や、ゆ、よ」の子音。音価[j]。前に子音がある場合には/i/と同様にその子音を硬口蓋化させ、/j/はそれに同化され消滅する。
/w/
「わ」の子音。音価は[ɰ]。円唇性がなく、張唇性も弱い。子音に後続し得る。
/Q/
現代かなづかいで「っ」と記される。後続子音を長子音とし、先行の音節末かつモーラ的な形態となる。
実際には、後続の子音と同じ内破音(入声ともいう)がモーラを形成するに足る時間継続されているもの[p̚ˑ, p̚ʲˑ, t̚ˑ, t̚ʲˑ, k̚ˑ, k̚ʲˑ, s̚ˑ, ɕ̚ˑ]である。内破音自体は、後続の子音と異なる子音がありえることを除き、周辺の朝鮮語、アイヌ語にも存在し、珍しくない。(日本語の声門閉鎖は一般に単語の最初の母音の前でしか起きない。即ち[ʔi, ʔe, ʔa, ʔo, ʔɯ]。)
  • 国際音声記号の発音表記では、これを(後続子音を含めて)[p̚p, p̚ʲpj, t̚t, t̚ʲʨ, k̚k, k̚ʲkç, s̚s, ɕ̚ɕ]、または単に[pp, tt, kk, ss, ɕɕ]とした。

母音[編集]

総じて中段中舌寄りであり、円唇性や張唇性が強くない、あるいは弱い。母音の長短は区別される。

/i/
「い」等の母音。非円唇前舌狭母音。
/e/
「え」等の母音。非円唇前舌中段母音。
/a/
「あ」等の母音。非円唇中舌広母音。
/o/
「お」等の母音。円唇後舌中段母音。
/ɯ/
「う」等の母音。非円唇後舌狭母音。唇音の後や長音ではやや円唇化する。

母音の無声化[編集]

アクセント核がなく、長母音でもない/i//ɯ/は無声子音の間でしばしば無声化する ([i̥, ɯ̥])。この傾向は北海道・東北・関東(新潟含む)に著しく、中部・近畿・中四国ではごく弱いが、九州に近づくほど再び強まり、九州では強い。ただし、丁寧に(ゆっくりかつはっきり)発音される場合は語末では起きず、音節(モーラ)を区切って発音される場合はまったく起きない。また、同じ位置で摩擦音の後にある場合は発音されないことが多い。ただし、連続して発生することはほとんどない。

話者によっては連続して発生する例. トクシュ [tok(ɯ̥)ʃ(ɯ̥)] (特殊)、トクシ [tok(ɯ̥)ʃi̥] (篤志・特使)、トシシュ[toʃi̥ʃ(ɯ̥)ŋ] (杜子春)

語・句・文の母音全部が無声化する現象については、「ささやく」を見よ。

  • 無声化について、片仮名の発音表記では斜体とした:ダ↗イチ(大吉)
  • 国際音声記号の発音表記で、無声化が任意の場合は、[(_̊)] とした。

母音の鼻音化[編集]

近年この傾向は公式の場では弱まっているが、東北では、/m, n, ɴ/の前、/p, b, t, d, k, g, s, z/、特に有声音の後で母音の鼻音化が見られる(子音の前の渡り音、鼻腔開放とは別の現象)。これは一般に「東北訛り」の特徴と信じられているが、古い時代の日本語の正しい発音を保存している。また、この傾向は北海道に入ると弱まる。

母音の中舌化(融合)[編集]

一方、同様に東北・東関東では、/i, ɯ/の区別が曖昧になり、[ʉ]に融合している。これは古い時代の日本語を反映したものではない。

アクセント[編集]

ピッチアクセントが使われ、高低の二つがある。

アクセントの核といえるものがあり、核のあるモーラまでは高く発音され、次のモーラからは低くなる。核が最初のモーラにない場合、最初のモーラは低く、次から核のあるモーラまでは高く発音される。次に核を持つ、あるいは複音節の語が続くと、この規則はリセットされ、その語からまた新たに規則が適用される。長母音に核がある場合、高く発音されるのは先のモーラだけであり、長母音内でピッチが下がる。

  • 片仮名の発音表記では「↗」と「↘」を利用し、「↗」以降のモーラは高く、「↘」以降のモーラは低く発音されるということを現した。第1モーラに対しては、次のモーラに「↘」があれば高く、そうでなければ低いということが自明であるため、表記しない。
例「はし」:
端:/hasi/「ハ↗シ」
橋:/hasí/「ハ↗シ↘」
箸:/hási/「ハ↘シ」

参考として、上記に助詞の「が」を付けた場合を記す:

  • 端が:/hasiga/「ハ↗シカ゜」
  • 橋が:/hasíga/「ハ↗シ↘カ゜」
  • 箸が:/hásiga/「ハ↘シカ゜」

動詞のアクセント[編集]

標準語の動詞のアクセントは、終止形(ル形)にアクセント核があるかないかが分かれば、活用形のアクセント核の有無および位置を判定できる。

活用形のアクセント一覧
核あり
(例:む)
核なし
(例:く)
終止 …◯↘◯
ヨ↘ム
…◯◯=
オク=
命令 …◯↘◯
ヨ↘メ
…◯◯=
オケ=
…◯↘◯バ
ヨ↘メバ
…◯◯↘バ
オケ↘バ
…◯↘◯ナ
ヨ↘ムナ
…◯◯↘ナ
オク↘ナ
う、よう …◯↘◯ー
ヨモ↘ー
…◯↘◯ー
オコ↘ー
…◯↘◯ニ
ヨ↘ミニ
…◯◯ニ=
オキニ=
た、だ …◯↘◯タ
ヨ↘ンダ
…◯◯タ=
オイタ
たら、だら …◯↘◯タラ
ヨ↘ンダラ
…◯◯タ↘ラ
オイタ↘ラ
たり、だり …◯↘◯タリ
ヨ↘ンダリ
…◯◯タ↘リ
オイタ↘リ
ても、でも …◯↘◯テモ
ヨ↘ンデモ
…◯◯テ↘モ
オイテ↘モ
…◯↘ズ
ヨマ↘ズ
…◯ズ=
オカズ=
ずに …◯↘ズニ
ヨマ↘ズニ
…◯ズニ=
オカズニ=
ないで …◯↘ナイデ
ヨマ↘ナイデ
…◯ナ↘イデ
オカナ↘イデ
ながら …ナ↘ガラ
ヨミナ↘ガラ
…ナガラ=
オキナガラ=

表中の「=」(全角イコール)は核がないことを明示するためにつけた。

せるさせるによって派生される使役動詞、れるられるによって派生される受け身動詞、ますによって派生される丁寧体の動詞、および可能動詞(例:める、ける)のアクセント核の有無および位置は、派生前の動詞のものを受け継ぐ。

ないによって派生された否定形、たいによって派生された願望形は、形容詞のアクセント規則による。

参考文献[編集]

  • 編:国際音声学会;訳:竹林滋、神山孝夫『国際音声記号ガイドブック―国際音声学会案内』大修館書店 / 2003年 (ISBN 4469212776)
  • 斎藤純男『日本語音声学入門』三省堂 / 1997年 (ISBN 4385345864)