よむ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

よむむ】

  1. 文字文章を見て、その内容理解する。
  2. 文字や文章を声に出す。音読
  3. 読影する。解読する。
  4. 推測する。
  5. 将棋囲碁などの論理ゲームで)先の展開論理的検討する。
    • 10手先を読む
  6. 数を数える測定する。
    • この目盛りは秒単位で読むようになっている。
  7. む】詩歌、特に短歌俳句を作る。
  8. む】漢字に、その文字が表す意味を持つ和語を当てる。

活用[編集]

よ-む 動詞活用表日本語の活用
マ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形


各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 よまない 未然形 + ない
意志・勧誘 よもう 未然形音便 +
丁寧 よみます 連用形 + ます
過去・完了・状態 よんだ 連用形音便 +
言い切り よむ 終止形のみ
名詞化 よむこと 連体形 + こと
仮定条件 よめば 仮定形 +
命令 よめ 命令形のみ

翻訳[編集]

語義5