おく

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索
同音の漢字については、 オク を参照。

動詞[編集]

おくく、く、く】

  1. ある場所に安定させ、運動を止める。
  2. 設置する。設ける
  3. 設定する。仮定する。
  4. 残す放置する。
  5. 除外する。
  6. 隔てる
  7. (補助動詞)結果がきちんと残るようにする。
  8. (補助動詞)放置する。そのままにする。
  9. (補助動詞)前もって~する。
  10. (補助動詞)一応~する。

活用

カ行五段活用
お-く

発音[編集]

東京アクセント[編集]

オ↗ク

京阪アクセント[編集]

↗オク

翻訳[編集]


名詞[編集]

おく

  1. 深く入った
  2. 入り口から遠い
  3. 建物表口から遠い日々生活している
  4. 特に江戸時代将軍大名旗本などの屋敷で、主人日常生活場所夫人奥女中などが住む将軍場合大奥ともいう。
  5. 表面表れない部分容易にはうかがい知れない部分
  6. 主として身分高い自分をいう。また、身分高いに対する敬称奥様おくさま
  7. 文書手紙などの終わり部分
  8. 将来行く末遠い
  9. から遠い特に奥州みちのおく
  10. 姓氏一つ

発音[編集]

  • オ↘ク