かな

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞:仮名[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアかな の記事があります。
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア仮名 (文字) の記事があります。

かな仮名

  1. 日本語において用いられる表音文字音節文字(wp)。漢字よりも後にできた文字で、やまとことばの音節を表す。

語源[編集]

  • 真名(漢字)に対する「かりな」(=仮の名=仮の文字)から。古くはかんなと発音した。

用法[編集]

  • 「かな」と書いたときは平仮名を、「カナ」と書いたときは片仮名を特に指し示す場合がある。

下位語[編集]

関連語[編集]

派生語:[編集]

名詞:糸[編集]

かな

  1. 糸筋

終助詞[編集]

かな

  1. (終助詞)感動気持ちを表す。
    惜しいかなが低い。素晴らしいかな我が青春
  2. 疑問を込めた詠嘆を表す。
    嬉しいかな。果たせるかな。

語源[編集]

接頭辞[編集]

かな

  1. かね」に言葉を後続させ複合語を作る場合において母音が変化したもの。

派生語[編集]

注釈[編集]