出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
せ 教科書体
書き順

日本語[編集]

名詞: [編集]

  1. 背中せなかうしのうち、こしよりあたまちか部分むねはら反対側
  2. ものひと動物(の胴)にてたときの背中に当たる部分れない方のふち
  3. 道具の中で、ひとの背中にする部分。
  4. 身長

関連語: 背[編集]

翻訳: 背[編集]

  • ドイツ語: Rücken 男性
  • 英語: one's back
  • フランス語: dos 男性

名詞: [編集]

  1. 浅瀬あさせかわあさく、あるいてわたれるところ。
    身を捨ててこそ浮かぶもあれ
  2. 早瀬はやせ。川の(はばせまいために)ながれのはやいところ。
    をはやみ 岩にせかるる 滝川の われてもすゑに 逢はむとぞ思ふ(崇徳院)
  3. 潮流うみみずの流れ。
  4. 立場たちば機会
    用例: 立つ瀬がない。

関連語: 瀬[編集]

古典日本語[編集]

名詞[編集]

  1. )女性から見た兄又は
  2. )女性から見た恋人
    信濃道は今の墾り道刈りばねに足踏ましなむ沓はけ我が(万葉集・東歌あずまうた
  3. 男性同士が親しみを込めて言う語。

関連語[編集]

文字コード[編集]