出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声(小動物) + 音符。「凡」は「」の原字で、風をはらんだ帆の象形。「虫」に代えて「」を用いた文字が「」であり、何れも風の使いとされた。
    • 古くは頭子音 pl- をもち、l の残った語がである。

意義[編集]

  1. かぜ
  2. 病気
    中風痛風
  3. ある地域などの様子をもった。
    和風洋風

日本語[編集]

読み[編集]

名詞[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
  1. かぜ空気の流れ。
  2. かぜ)ある勢力の勢い

翻訳[編集]

接尾辞[編集]

  1. フウ)(特にある地域の)特徴を有した。
  2. かぜ)ある身分に仮託して、居丈高になる様子。
    先輩風

関連語[編集]

熟語[編集]


中国語[編集]

*(簡体字:

名詞[編集]

  1. かぜ
  2. うわさ

人名[編集]

  1. 中国人ののひとつ。

朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]


ベトナム語[編集]

*


コード等[編集]

点字[編集]