число

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウクライナ語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *čislo ()

発音[編集]

  • IPA(?): [t͡ʃesˈɫɔ]
  • (ファイル)

名詞[編集]

число́ (čysló中性 非有生 (生格 числа́, 複数主格 чи́сла, 複数生格 чи́сел)

  1. かず

格変化[編集]

参考文献[編集]


古代教会スラヴ語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *čislo ()

名詞[編集]

число (čislo中性

  1. かず

格変化[編集]

関連語[編集]


セルビア・クロアチア語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *čislo ()

発音[編集]

  • IPA(?): /t͡ʃǐːslo/
  • 分綴: чис‧ло

名詞[編集]

чи́сло 中性 (ラテン文字 číslo)

  1. (地域) ロザリオ

格変化[編集]

参考文献[編集]


ブルガリア語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *čislo () より。形態学的には чи́там (čítam, 占める、尊敬される) +‎ -сло (-slo) より。

発音[編集]

  • IPA(?): [t͡ʃiˈsɫɔ]

名詞[編集]

число́ (čisló中性 (形容詞 чи́слен)

  1. (数学) かずりょう
  2. (文法) 数。
  3. 日付け

語形変化[編集]

派生語[編集]

参考文献[編集]

  • число in Rečnik na bǎlgarskija ezik (Institut za bǎlgarski ezik)
  • число in Rečnik na bǎlgarskija ezik (Čitanka.Info)

マケドニア語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *čislo ()

発音[編集]

  • IPA(?): [ˈt͡ʃisɫɔ]

名詞[編集]

число (čislo中性 (複数 числа)

  1. (古・廃) かず

語形変化[編集]

類義語[編集]


ロシア語[編集]

語源[編集]

古東スラヴ語 число (čislo) < スラヴ祖語 *čislo () より。чита́ть (čitátʹ) との関連性あり。

同系語[編集]

発音[編集]

  • IPA(?): [t͡ɕɪsˈɫo]
  • (ファイル)
  • カナ表記例:「チス
  • 分綴: чис‧ло

名詞[編集]

число́ (čisló中性 非有生 (生格 числа́, 複数主格 чи́сла, 複数生格 чи́сел, 形容詞 числово́й)

  1. (数学) スウ[1][2]
  2. リョウ[1]人数[1]
  3. 日付け[1]
  4. (文法) [1]
  5. (歴史) 人口調査
  6. 総数[1]

格変化[編集]

[2]

類義語[編集]

上位語[編集]

下位語[編集]

関連語[編集]

名詞
形容詞
動詞

諸言語への影響[編集]

  • イングリア語: cisla

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 中澤英彦 編『プログレッシブ ロシア語辞典』小学館、2015年、913頁。 ISBN 978-4-09-510271-9
  2. 2.0 2.1 число - RussianDict”. 2021年3月22日閲覧。