出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 」の略字体。「數」は+会意文字で、攴は算木を手に取るという意味である動作をなす事を表し、婁は(ひきだす)をあらわす。又は、複数の女性(おそらく奴隷であろう)が数珠つなぎにされた様を表し、複数のものを数えることを意味(藤堂)。

意義[編集]

  1. かぞえる
  2. かず
  3. ものの数に入る。評価できる。

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. (すう)個数人数数量
    • 日本娼婦のすうは坡港許りで現に六百四五十人(此外に洋妾となつて居る女は百人もある相だ。)あると云ふから、印度、濠洲、南洋諸島へ掛けては六七千人にも上るのである。(與謝野寛、與謝野晶子「巴里より」)〔1914年〕[1]
    • 不思議なことは、その頃から、彼の邸に小間使とも女中ともつかぬ若い女共が、日毎に新しく傭入れられ、暫くすると、彼女等の部屋にも困る程に、そのすうを増して行くのでした。(江戸川乱歩「パノラマ島綺譚」)〔1926年〕[2]
  2. (すう)個数抽象化した概念。自然数整数有理数実数複素数などの総称。
  3. (すう)人や物の数に由来する文法範疇で、名詞代名詞動詞などの語形変化によって表されるもの。単数複数双数三数四数などの総称。
  4. (かず)「かず」を参照のこと。

用法[編集]

  • 語義1.の「数」は、「かず」と読みを充てるのが現在では一般的。

熟語[編集]


中国語[編集]

名詞[編集]

shù

  1. 数、数量

動詞[編集]

shǔ

  1. かぞえる

朝鮮語[編集]

コード等[編集]

点字[編集]

[編集]

  1. 青空文庫(2011年5月15日作成)(底本:「巴里より」金尾文淵堂、1914年5月3日発行)https://www.aozora.gr.jp/cards/000320/files/2168_42800.html 2019年5月25日参照。
  2. 青空文庫(2016年3月4日作成、2016年5月8日修正)(底本:「江戸川乱歩全集 第2巻 パノラマ島綺譚」光文社文庫、光文社、2004年8月20日初版1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001779/files/56651_58766.html 2019年5月25日参照。