いぎたない

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

形容詞[編集]

いぎたないい、寝い】

  1. 眠りつづけていてだらしがない。
    • 妓はしかしいぎたなく眠るのだった。おいと声を掛けて起す元気もない。(織田作之助『放浪』)
  2. 寝相が悪い、寝姿が乱れている。
    • 下に寝ねたるその妻、さばかりの吹降りながら折からの蒸暑さに、いぎたなくて、掻巻を乗出でたる白き胸に、暖き息、上よりかかりて、曰く、汝の夫なり。(泉鏡花 『一景話題』)

語源[編集]

活用[編集]

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
いぎたな かっ
けれ 口語活用

訳語[編集]