出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
た 教科書体
書き順

日本語[編集]

名詞: 田[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

  1. () 主に栽培するための農地。特に、成長期において水を張るもの(水田)をいう。稲の他、藺草山葵の農園にもこの表現が用いられる。田圃たんぼ

名詞: 手[編集]

  1. 」を他の語と組み合わせるときに母音が変化したもの。

助動詞[編集]

  1. その事柄が話し手にとって、過去のものや既定のものになっていることを表す。
    • 昨日は雨が降っ
    • この辺は昔、森でし
    • シャボン玉が飛んでいっ
    • あの時一人でいたら、今頃ここになかっだろ。 / いなかったろう。(後者はやや古風な言い方)
  2. 完了を表す。
    • 壁に掛け時計
    • レポートを書き上げ
    • 了解しまし
  3. 仮定の話をやわらかくさせる。
    • 雨が降ったら、明日の試合は中止になります。(cf. 雨が降れば、明日の試合は中止になります)
    • 行きたかったら行くべきです。(cf. 行きたければ行くべきです)
  4. 軽い命令を表す。
    • 過去の仮定的表現から。現在、そのようではないが、既にそうなっているべきであることを意味する。
    • さあ、どい、どい
    • そろそろお帰りになったら
未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 接続
たろ たら 特殊型
  • 活用語の連用形に付く。イ音便の一部と撥音便に付く場合には濁音「」となる
  • 仮定形「たら」には、「」を付けないことが圧倒的である。例文参照。

語源: 助動詞: 過去[編集]

古語日本語 たり

接頭辞[編集]

  1. 動詞・形容詞について語調を整える
    • ばかる
    • やすい
手の語根」と同語源とも考えられる。

古典日本語[編集]

代名詞[編集]

  1. 不定称の指示代名詞)だれ

関連語[編集]

日本語の指示詞(古典語・現代語混合)
  近称-) 中称-) 遠称-/(古)- ) 不定称-)
指示代名詞 これ[複数:これら] それ[複数:それら] あれ[複数:あれら]
かれ[複数:かれら]
どれ
だれたれ)、いずれいづれ
指示代名詞(古語)
指示代名詞(卑称) こいつこやつ そいつそやつ あいつあやつ
―(かやつきゃつ
どいつどやつ
連体詞 この その あの
かの
どの
方向→人称 こなた そなた あなた
かなた
どなた
―(いづかた
場所 ここ そこ あそこ
かしこ
どこ
いずこいづこいづく
方向 こちらこっち そちらそっち あちらあっち どちらどっち
―(いづち
態様 こう
こんな
そう
そんな
ああ
あんな
どう
どんな

文字コード[編集]