こうしょう

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

こうじょう 、 ごうしょう 、および ごうじょう も参照。

日本語[編集]

同音異義語[編集]

こうしょう

  • 交床】煎茶道で用いる釜敷き。
  • 交渉】ある問題について相手話し合うこと。
  • 交睫】上下のまつげを合わせること。
  • 交鈔】中国の金・元・明代に使用された紙幣の総称。
  • 厚相】厚生大臣のこと。
  • 厚賞】厚く賞すること。また、その賞与。
  • 公傷】公務中に受けた負傷。/相撲で、取り組み中に負けった傷。
  • 公娼】おおやけに営業を認められた売春婦。昭和21年(1946)廃止。
  • 公相】三公と宰相。天子を補佐する重職のこと。
  • 公称】表向きに言われていること。一般的に発表されていること。
  • 公証証拠
  • 咬傷】かみ傷、嚙まれた傷。
  • 口承】口づてに伝承すること。
  • 口誦】口ずさむこと、声を出して読むこと。
  • 哄笑】多くの人が一斉に大声をあげて笑うこと。
  • 好尚】好み、嗜好、はやり、流行。
  • 工匠細工工作を業とする職人
  • 工商】工業と商業、職人と商人。
  • 工廠兵器などを製造する工場
  • 巧匠】巧みな大工。
  • 巧笑】美しい笑い、愛嬌ある笑い。
  • 康正日本元号の一つ。室町の中期、後花園天皇の年号。(1455・7/25~1457・9/28)
  • 康尚】平安中期の仏師、定朝(じょうちょう)の父。
  • 後章】後の章。
  • 後証】後日の証拠、のちのちの証拠。
  • 校章学校記章
  • 洪鐘】大きな釣り鐘。大鐘。
  • 甲匠】具足師(ぐそくし)。鎧や兜を作ったり、修理したりする職人。
  • 紅晶】紅色の水晶。
  • 綱掌】僧職の一。法会の儀式をつかさどる僧の役名。
  • 翺翔】鳥が空高く飛ぶこと。自由気ままに行動すること。
  • 考証】昔のことを調べ考え、証拠を引いて説明すること。
  • 行省】「行中書省」の略。中国元代の地歩行政機関。
  • 行粧】外出の時の装い。儀式の時などの服装。
  • 行障】天皇・神祇の臨幸や霊柩の葬送などのとき、その前後左右を隠す為に用いた白布の幕。
  • 行賞】賞を与えること。
  • 鉱床工業的、商業的に採掘可能な程度の規模品位を持つ鉱石を産出する場所。
  • 講頌】空中の歌会などで、発声が行う初句の朗吟に続いて、2句目以下を発声と同音で合唱する役。
  • 講誦】詩文を講じ、また声をあげて読むこと。
  • 降将】敵に投降した将軍。
  • 高声高い声。大きい声。
  • 高姓】身分の高い家柄。/他人の姓を敬っている語。
  • 高尚知性品格程度高く上品なこと。
  • 高承】他人を敬って、その人が承知することをいう語。手紙に使う。
  • 高昌】5世紀から7世紀にかけて、中国新疆ウイグル自治区トルファン地方に栄えた、漢民族の植民国家。640年、唐に滅ぼされた。
  • 高商】「高等商業学校」の略。
  • 高唱】大きな声で歌うこと。/声を大きくして主張すること。
  • 高蹤】高尚な行跡。
  • 黄鐘】中国音楽の十二律の一。音律の基本となる音。