さとり

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

さとりり、り】

  1. (悟り、覚り)さとるの連用形。

名詞[編集]

さとりり、り、、サトリ】

  1. (悟り、覚り、悟、覚)物事の本当の意味をること。悟ること。
  2. (悟り、覚り、悟、覚) (仏教 サンスクリット बोधि (bodhi ボーディ 菩提)に和語を当てたもの) まよい」(迷)を棄てること、迷が完全になくなること。真理に目覚めること。煩悩を根底から除くこと、自己に打ち克つこと。主として、以上の意味の複合された概念を言う。
  3. (覚、サトリ)人の考えを読み取り、言い当てるとされる妖怪

発音[編集]

東京アクセント[編集]
さ↗とり
京阪アクセント[編集]
↗さとり

関連語[編集]

翻訳[編集]


古典日本語[編集]

発音[編集]

三拍名詞一類

↗さとり

名詞[編集]

さとりり、り】

  1. (現代語語義1,2)さとり。