たね

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

古典日本語たね」 < 日本祖語 *tanay

発音[編集]

東京式アクセント[編集]

た↘ね

京阪式アクセント[編集]

た↗ね

名詞[編集]

たね

  1. 植物において発芽のもとになるもの。種子
  2. 動物系統において誕生のもとになるもの。精子
  3. 血筋血統
  4. 物事原因となる出来事
  5. 手品奇術などの裏に隠された仕掛け
  6. 小説などの題材
  7. 料理材料になるもの。汁の実。
  8. よりどころにするもの。
  9. 性質階級

翻訳[編集]

語義1
  • デンマーク語: kim
  • 英語: stone
  • イタリア語: seme
  • 朝鮮語: 씨앗
  • パラオ語: tane
  • オーストラリア・クリオル語: ai
語義2

古典日本語[編集]

語源[編集]

日本祖語 *tanay

発音[編集]

二拍名詞四類

た↗ね

名詞[編集]

たね

  1. (植物学) 種子
  2. 血筋ちすじ血統子孫
  3. (物事の)みなもと