ギリシア文字

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

ギリシア文字(ギリシアもじ)

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアギリシア文字 の記事があります。
ギリシア文字による「エリニコ・アルファヴィト(ギリシア文字)」の綴り頭文字→作成大文字の場合。
  1. 文字記号] ギリシア語表記する文字体系紀元前10世紀から紀元前9世紀頃の古代ギリシア人cf. w:古代ギリシア)が、古代ギリシア語→項を作成を表記するために、フェニキア文字→項を作成の文字体系を借用して作った音素文字→作成アルファベット)。さらには、ラテン文字並んで自然科学(主に数学物理分野)を始めとする様々な分野で記号として多用される文字体系の一つ

異表記[編集]

  • 希臘文字(ギリシヤもじ、ギリシアもじ、ギリシャもじ) :明治大正時代の表現。現在、一般に使われることは無い。
  • ギリシヤ文字昭和前期の主流表現。昭和中期を境にほとんど用いられなくなったが、消えたわけではない。
  • ギリシャ文字第二次世界大戦(wp)初出で、今もよく用いられる表現。昭和後期から平成時代にかけては「ギリシア文字」と「ギリシャ文字」が併存しており、どちらが主流とも言いがたい。因みに国立国会図書館は「ギリシア文字」を、外務省→wpは「ギリシャ文字」を使用。
  • エリニコ・アルファヴィト / エリニコ・アルファビト :ギリシア語による「ギリシア文字」名を日本語音写した表現。
  • ギリシア語アルファベット :文字の配列強調した表現。

翻訳[編集]

ギリシア文字の一覧[編集]

ギリシア語アルファベット基本文字

関連語[編集]

  • ギリシア文字