手を拱く

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

慣用句[編集]

こまぬこまね

  1. 何もしないこと。
  2. (胸の前で)両手の指を組み合わせる挨拶をする。

語源[編集]

中国語 拱手(胸の前で指を組む挨拶をすること)より。すでに『後漢書』には「天水隴西拱手自服」という表現がある。

別表記[編集]

参考文献[編集]

  • 藤井乙男編、1910年『諺語大辞典』、紙面684ページ、デジタル359ページ、全国書誌番号:40077840、近代デジタルライブラリー pid 862766/359