出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
て 教科書体
書き順

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

語義1。

  1. 人体の一部分で、四肢のうち、頭に近い対の部分、から先の部分。狭義には手首より末端のなどを指し、と区別する。
  2. ある行動をする主体となるもの。特に、その行動について言われるまま作業の主体となるもの。
    妻は十日ばかり前から市ヶ谷の叔母の所へ行きました。叔母が病気が足りないというから私が勧めてやったのです。(夏目漱石『こころ』)
  3. 勝負事などで相手に対する攻撃又はその方法、又は、単に方法・手段。
    なあにきっと、うまくゆかせるよ。僕にゃ、まだとって置きのいいがあるんだ。このでやれば、どんなに出来ないやつだって、出来るようになるぜ。(海野十三 『新学期行進曲』)
  4. (古語)筆跡

成句[編集]

ここでは、熟語を除いた「手」のみの成句とする。

翻訳[編集]

助詞[編集]

または

  1. 接続助詞。完了の助動詞の連用形から
    1. 動作・作用が連続する、または兼ねることを表す。
      料理をし食べた
      葉書を読ん破った
      速く確実
      見せやる
    2. 動作・作用に対して、原因を表す
      雨降っ地固まる
  2. 終助詞
    1. 軽い疑問・反問を表す。女性語。
      よろしくっ
      美人に見え
    2. てよの形で自分の意見を伝える。女性語。
      そんなこと知らなくてよ
      それでも良くてよ
    3. (「~じゃろうて」の形で)廃語。主に老人が用いた。
    4. 「てください、てくれ」の省略表現
      もう一度見せ
      笑っ
  3. 格助詞。格助詞の変化
    なん聞いた?

関連項目[編集]

文字コード[編集]