なる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞:為る・成る[編集]

なるる, る】

  1. その状態到達する。
  2. ある時期に至る。年齢に至る。
  3. ある数値に達する。金額に達する。
  4. 相当する。あたる
    • この子は長女の息子で自分にとっては初孫になる
  5. とされる。記される。ある。
    • この本では生年は1825年となっている
  6. (になります) です。でございます
    • それでは出発になります
    • 私からの説明は以上になります
    • こちらはサラダになります。注: 標準的な用法とはみなされていない。主に接客業で用いる。
  7. かわる
  8. に就く。職業に就く。
    • 弁護士になる
  9. 機能を果たす。
    • 筆記具の代わりになる。
  10. 完成する。
  11. 実現する。成就する。
    • 三連覇が成る。
  12. そのものとして成立する。うまくいく。
    • これじゃ商売にならない。
    • 実力差がありすぎて試合にならなかった。
    • 話にならない。
    • 絵になる景色。
  13. ある人によりつくられる。ある人のである。
  14. 構成される。形成される。
  15. 恩恵を受ける。
    • 世話になる。ご馳走になる。
  16. 将棋の駒が裏返され動き方が変わる。
  17. (ことになる)することに決まる、決まっている。する予定である。
    1. 述部の動詞、形容詞または動詞接尾辞のするを省略した名詞述語文(いわゆる「うなぎ文」)で、「となる」が後続して決定や予定の意味を表す。
      • 明日から大阪へ出張となる。
  18. (敬語表現。 + 動詞 + なる の形で尊敬語を形成する)
  19. (主に打ち消しの形で)できない。受け入れられない。
  20. (「なっていない」などの形で)よくない。しっかりしていない。駄目である。
  21. (動詞連用形または形容詞連用形+てならない、<ガ・ナ・バ・マ行五段活用>動詞連用形、名詞または形容動詞語幹+でならない、など)そうであるためにたまらない。非常にそうである。
    • 涙がこぼれてならない
    • 空腹でならない
  22. (してはならない、など)してはいけない。することが禁じられている。
  23. (しなくてはならない、など)する必要がある。することが義務づけられている。

活用[編集]

発音(?)[編集]

東京式アクセント[編集]
な↘る
京阪式アクセント[編集]
な↗る

関連語[編集]

翻訳[編集]

動詞:生る[編集]

なるる】

  1. くだものの実ができる。
    • さくらんぼが生る

活用[編集]

発音[編集]

東京アクセント[編集]
な↘る
京阪アクセント[編集]
な↗る

動詞:鳴る[編集]

なるる】

  1. が出る。
    • 鈴が鳴る

活用[編集]

発音[編集]

東京式アクセント[編集]
な↗る
京阪式アクセント[編集]
↗なる

名詞[編集]

なる

  1. 暦注十二直一つ

関連語[編集]

感動詞[編集]

なる

  1. (俗語) なるほどの略。なある。

古典日本語[編集]

動詞:生る[編集]

なるる】

  1. あらたに生じる。
  2. みのる。
な-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行四段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形

発音[編集]

二拍動詞二類

な↗る

動詞:成る[編集]

なるる】

  1. その状態到達する。
  2. の物に変化する。
  3. 完成する。
  4. さけめる。
  5. (中世)貴人の行為を敬う語。なさる
な-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行四段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形

発音[編集]

二拍動詞二類

な↗る

動詞:萎る[編集]

なるる、る】

  1. ふるしてのりちる。
  2. 使つかふるしてくたびれる
な-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行下二段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
るる るれ れよ

動詞:業る[編集]

なるる】

  1. 生計てる。
な-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行四段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形

関連語[編集]

動詞:慣る[編集]

なるる、る】

  1. れる。
  2. む。
な-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行下二段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
るる るれ れよ

発音[編集]

三拍動詞二類

平安時代[編集]
なる↗る
南北朝時代[編集]
な↘る↗る
室町時代以降[編集]
な↘るる

助動詞[編集]

なる

  1. 断定の助動詞「なり」の連体形。
  2. 推定の助動詞「なり」の連体形。