机上の空論

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

日本語[編集]

ことわざ[編集]

(きじょうのくうろん)

  1. 現実から離れて行った議論計画で実際には何も役に立たないもの。
    • 青年層にはまた倫理学迂遠でありとし、象牙の塔に閉じこもって、現実の世相を知らないものの机上の空論であるとしてかえり見ない向きもある。(倉田百三 『学生と教養 ――教養と倫理学――』

類義句[編集]