From Wiktionary
Jump to navigation Jump to search

漢字[edit]

字源[edit]

  • 象形文字「」が元字、心をつけ「」(突き抜けて機敏な)となり、音「ソウ」と突き抜けたと言う意味をとり会意形声文字となる。はその略字

意義[edit]

  1. まど
  2. 学問するところ。

熟語[edit]

日本語[edit]

発音[edit]

名詞[edit]

  1. まど、明かり取りや換気の目的で建物の壁に開けた穴。

翻訳[edit]

熟語[edit]

手書きの字形について[edit]

  • あなかんむりの書き方についてはあなかんむりの該当箇所を参照のこと

中国語[edit]

又は参照

朝鮮語[edit]

*

熟語[edit]

コード等[edit]