出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 」の略体。

意義[編集]

  1. ものの周辺部、ふちへり
    1. (日本)家の外周部。
  2. 接触すること、関係関連。特に人と人との関係。
  3. (仏教)因縁、因があることを引き起こす内的な条件であるのに対して、それを補完する外的な条件。

日本語[編集]

発音(?)[編集]

名詞[編集]

  1. エン (仏教) 因縁
  2. エン親子夫婦親戚などの関係
  3. エン)関係。つきあいつながり
  4. えにし因縁ゆかり。特に男女の仲に用いられる。
  5. ふち)ものの先端周り部分へり
  6. へり)ものの周りの部分。
  7. ゆかり)何らかの関係繋がりがあること。えにしえに因縁縁故
  8. ゆかり血縁関係がある者。親族縁者
  9. ゆかり)「ゆかりじそ」の略称。
  10. よすが拠り所
  11. よすが)頼りにする人。パートナー

熟語[編集]


中国語[編集]

」又は「」参照


朝鮮語[編集]

」参照


コード等[編集]

点字[編集]