蜜蜂

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア蜜蜂 の記事があります。

名詞[編集]

(みつばち)

  1. ハチ目(膜翅目)ミツバチ科ミツバチ属に属する昆虫。女王蜂働き蜂及び雄蜂により構成される団体生活をする。生活集団において、働き蜂が10000から30000匹、雄蜂が600から800に対して、女王蜂はわずかに1匹である。働き蜂は元来雌性を有するが産卵することなく、ただ、集団のために終日働き、脚に花粉を集めるのに適した構造を有している、又、蜜蝋を用いて巣をつくり、巣の中に幼虫を養っている。雄蜂は働き蜂よりやや大きく、ただ、繁殖に関与する他の用は無く、初秋の頃に働き蜂にかみ殺されたり、巣から追い出される。女王蜂が、唯一産卵し、働き蜂や雄蜂の母となる。蜂蜜は料理・菓子の甘味料として広く用いられ、又、薬用にも供せられる。蜜蝋は、かつて、蝋燭及び膏薬の原料の他、工業上の原料として広く用いられていた。

翻訳[編集]

朝鮮語[編集]

名詞[編集]

蜜蜂밀봉

  1. (日本語に同じ)

中国語[編集]

発音[編集]

  • ピンイン: mìfēng
  • 注音符号: ㄇㄧˋ ㄈㄥ
  • 広東語: mat6fung1
  • 閩南語: bi̍t-phang
  • 呉語: mih4fon

名詞[編集]

 

  • 量詞: (繁): / (簡):
  1. (日本語に同じ)