kĩongo

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

発音[編集]

  • IPA: /keɔ̀ŋɡɔ̌/
Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス2」で、他に同クラスの2音節語幹語には kĩgunyũnjagĩkiugũ などがある。
  • 〔キアンブ方言〕
  • 〔リムル方言〕湯川 (1981:96) によると孤立形は [kèɔ̀ŋ̀ɡɔ̀] で、後ろに gĩĩkĩ〈この〉が続く場合も [kèɔ̀ŋ̀ɡɔ̀ ɣééké]、gĩakwa〈私の〉が続く場合も [kèɔ̀ŋ̀ɡɔ̀ ɣéákóá]、後ろに がある場合も [kèɔ̀ŋ̀ɡɔ̀ né] であるが、前に がある場合は [né kéɔ́ŋ́ɡɔ̀]、前に ti がある場合も [tì kéɔ́ŋ́ɡɔ̀] となるなど、前後に他の語が存在するか、存在する場合はどのような種類の語であるかによってアクセントの変動が見られる[1]。なお、ti の高さについてはリムル方言と同じくキアンブ方言に属するナイロビ方言を調査した湯川 (1985:199) で高いと訂正されている[2]。湯川 (1981) では kĩnyathĩmũkamaingitĩmbogomũhĩagĩkwa(複数: ikwa)、mwĩrĩmũiru(複数: airu)、ndiricakĩrobotoirurumĩ(複数: marurumĩ)、mũhikionjohinyũmbagĩtandamũriyũrũbũa(複数: mbũa)、kĩongomwendwagĩcũnũnũthwariga などは同じアクセントの型に分類されている[1]

名詞[編集]

ongo クラス7(複数: ciongo[3]

  1. 頭蓋[3]脳天

ことわざ[編集]

参照[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.
  2. 湯川恭敏 (1985).「キクユ語名詞アクセント再論」 『アジア・アフリカ言語文化研究』29, 190-231.
  3. 3.0 3.1 "ongo" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 360. Oxford: Clarendon Press.