kĩnya

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

kinya も参照。

キクユ語[編集]

語源[編集]

Hinde (1904) は英語 gourd にあたるキクユ語「ジョゴウィニ方言」(Jogowini dialect)の訳語として kinya(複数: inya)を記録している[1]

発音[編集]

Armstrong (1940) では mũtĩ を始めとした mũcingamũhakanjagĩmũrũthi などと同じ「moteクラス」という声調クラスに分類されている[2]。Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス2」で、他に同クラスの1音節語幹語には mũtĩndĩ などがある。
  • 〔キアンブ方言〕
  • 〔リムル方言〕湯川 (1981:78) によると孤立形は [kèɲà] で、後ろに gĩĩkĩ〈この〉が続く場合も [kèɲà ɣééké]、後ろに gĩakwa〈私の〉が続く場合も [kèɲà ɣéákóá]、後ろに がある場合も [kèɲà né] であるが、前に がある場合は [né kéɲà]、前に ti がある場合も [tì kéɲà] となるなど、前後に他の語が存在するか、存在する場合はどのような種類の語であるかによってアクセントの変動が見られる[3]。なお、ti の高さについてはリムル方言と同じくキアンブ方言に属するナイロビ方言を調査した湯川 (1985:199) で高いと訂正されている[4]。湯川 (1981) では kĩnyathĩmũkamaingitĩmbogomũhĩagĩkwa(複数: ikwa)、mwĩrĩmũiru(複数: airu)、ndiricakĩrobotoirurumĩ(複数: marurumĩ)、mũhikionjohinyũmbagĩtandamũriyũrũbũa(複数: mbũa)、kĩongomwendwagĩcũnũnũthwariga などは同じアクセントの型に分類されている[3]

名詞[編集]

nya クラス7(複数: inya

  1. を入れるために用いられる、大型広く細口瓢箪容器[5]
  2. 〔主に複数形で〕瓢箪製の容器全般[6]

派生語[編集]

関連語[編集]

名詞:

参照[編集]

語義2:

脚注[編集]

  1. Hinde, Hildegarde (1904). Vocabularies of the Kamba and Kikuyu languages of East Africa, pp. 28–29. Cambridge: Cambridge University Press.
  2. Armstrong, Lilias E. (1940). The Phonetic and Tonal Structure of Kikuyu. Rep. 1967. (Also in 2018 by Routledge).
  3. 3.0 3.1 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.
  4. 湯川恭敏 (1985).「キクユ語名詞アクセント再論」 『アジア・アフリカ言語文化研究』29, 190-231.
  5. Leakey, L. S. B. (1977). The Southern Kikuyu before 1903, v. I, p. 363. ISBN 0-12-439901-0
  6. "kĩnya" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 337. Oxford: Clarendon Press.