ngaita

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

ngaita

発音[編集]

  • IPA: /ŋɡaita/
Benson (1964) における声調クラスの分類は「クラス3」である。
  • カナ表記例: ガイタ[1]

名詞[編集]

ngaita クラス9/10(複数: ngaita

  1. サクラソウ科ツルマンリョウ属低木ミルシネ・アフリカーナ (wp)Myrsine africana[2][3][4] あるいは同じサクラソウ科の Rapanea rhododendroides[4]。色は色で、熟すと明るい茶色となる[3]腹部の異常に対して[3]、また虫下しのために服用されるが苦い[2]

全体語[編集]

ことわざ[編集]

脚注[編集]

  1. 「Mukari ni muria ngaita」杜由木 (2015).『夜には、夜のけものがあるき 昼には、昼のできごとがゆく』東京図書出版、289頁。ISBN 978-4-86223-828-3
  2. 2.0 2.1 Barra, G. (1960). 1,000 Kikuyu proverbs: with translations and English equivalents, p. 86. London: Macmillan.
  3. 3.0 3.1 3.2 "gaita" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 100. Oxford: Clarendon Press.
  4. 4.0 4.1 Leakey, L. S. B. (1977). The Southern Kikuyu before 1903, v. III, p. 1330. London and New York: Academic Press. ISBN 0-12-439903-7
  5. Kiruhi, Macharia (2006). Lessons in Kikuyu oral literature: Figures of Speech in Contemporary Use, p. 89. Ongata Rongai, Kenya: Cortraph. ISBN 9966-7134-0-9