うまい

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

形容詞[編集]

  1. い、美味い、い】
    1. 食べ物がおいしいこと。
      • もともと、自分は、うまい鮨を食わせる店というところに、ひとに連れられて行って食っても、うまいと思った事は、いちどもありませんでした。(太宰治人間失格』)
      • おかあさんが女中に牛乳で煮たおかゆを持って来させた。ポチは喜んでそれを食べてしまった。火事の晩から三日の間ポチはなんにも食べずにしんぼうしていたんだもの、さぞおかゆがうまかったろう。(有島武郎 『火事とポチ』)
    2. (まれ)味覚のうち、うま味 (wp)を感じること。
  2. い、上手い】 物事を行うのが上手であること。巧みであること。
    すると狸の子は棒をもってセロの駒の下のところを拍子をとってぽんぽん叩きはじめました。それがなかなかうまいので弾いているうちにゴーシュはこれは面白いぞと思いました。(宮沢賢治セロ弾きのゴーシュ』)
  3. いいぐあいで、ちょうどよく。
    紫でちょっと切れた図面が、二三寸の間隔をとって、振り返る男の体(たい)のこなし具合で、うまい按排につながれている。不即不離とはこの刹那の有様を形容すべき言葉と思う。(夏目漱石草枕』)

活用[編集]

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
うま かろ かっ
けれ 口語活用

語源[編集]

対義語[編集]

おいしいこと
上手であること

翻訳[編集]

おいしいこと
上手であること

名詞1[編集]

うまい ( , )

  1. ぐっすり眠ること。

関連語[編集]

名詞2[編集]

うまい ( )

  1. 雅楽で、右側舞人

関連語[編集]