出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
す 教科書体
書き順

日本語[編集]

名詞: 酢[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

  1. 主成分を酢酸とする、食品酸味を付与または増強し、味を調え、清涼感を増すために用いられる液体調味料のひとつ。食酢。酢酸の他に乳酸などの有機酸類やアミノ酸、エステル類、アルコール類などを含む。

翻訳: 酢[編集]

名詞: 巣[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

  1. 動物が産卵又は出産幼生育成休息のために定住する場所。

翻訳[編集]

名詞: 州・洲[編集]

  1. 川における、しま状の陸地。
    中州なかす砂州

名詞: 素[編集]

  1. 何も付け加えず、原材料そのままのもの。素材
  2. 何の気構えもしない本来の精神状態。

名詞: 鬆[編集]

  1. 大根などの根菜類が古くなるなどして内部にできた隙間
  2. 鋳物の内部に空気が残ってできた隙間。

名詞: 簾[編集]

  1. すだれ御簾みす

接頭辞[編集]

  1. (しばしば「」の字を当てる)他のものが加わらない。「うどん」「泊まり」
  2. より程度がはなはだしい。「ばやい」「ばしっこい」

助詞[編集]

  1. (口語)助動詞ですに相当する語として使われる。
    いいっ

漢字[編集]

Wiktionary:漢字索引 音訓 す#ス参照

古典日本語[編集]

動詞[編集]

  1. する
  2. 動詞・名詞と結びついて動詞を作る。――する。

活用

サ行変格活用
(語幹なし)-す

助動詞[編集]

  1. (使役)何かを他の人にさせる意味を加える。――させる。
  2. (尊敬)尊敬語に接続して尊敬を表す。

活用: 古語: 助動詞[編集]

未然形接続
未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
する すれ せよ

関連語[編集]

文字コード[編集]