みず

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

みす 、 ミス 、および ミズ も参照。

日本語[編集]

名詞:水[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

みず、歴史的仮名遣い:みづ

  1. 水素原子 2: 酸素原子1 の割合で化合した物質。一般には液体の状態のものを指す。
  2. 語義1のうち、混合物がほとんどなく飲用に供するもの。一般に無償で得ることができるものとして意識され、貧困象徴とされる。また、人為を加えていないものの、象徴ともされる。
    タンタラスは咽喉が渇く。を飲もうとすると水が退いて行く。(夏目漱石虞美人草』)
    雨が降って手品が出来ないと、ばかり飲んでいました。(豊島与志雄『手品師』)
    君子の交わりは淡きこと水の如し
  3. 語義1のうち、混合物がほとんどなく温度の低いもの。
    対義語:
    水風呂
    湯にしてやや冷を帯ぶるものを見、これを指してなりといい、にして少しく熱を含むものを見、これを指して湯なりという、ここにおいて庸俗の徒ははなはだ惑う。湯の微熱なるものとの微冷なるものとはほとんど相近し、しかれどもはすなわちたり、湯はすなわち湯たり、これを混同するはそのはじめを極めざるがゆえのみ。(陸羯南『近時政論考』)
  4. 一般に液状のもの。
    水飴
  5. 体液
    ひざがたまる。
  6. (「水が出る」の形で)洪水出水大水おおみず
    「昨日の雨で、少し水が出たようでございますが、ナーニ、このくらいなら大したことはございません、川留めになるようなことはございません」(中里介山大菩薩峠』)
  7. (「水に流す」の形で)何かを無かったことにするもの。
    「すみません、と一言いいさえすれば、水に流そうと思って、みなさん待ちかねていたのさ。誰だって、魔がさすことがあらアな」(坂口安吾『街はふるさと』)

翻訳[編集]

名詞:針孔[編集]

みず

  1. 縫い針通す

名詞:瑞[編集]

みず

  1. みずみずしいこと。

名詞:見ず[編集]

みず見ず

  1. 「見たこともない」の文語的表現
    用例:見ず知らず