いう

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

動詞[編集]

いうう、う、う、う、う】(歴史的仮名遣い:いふ

  1. 言葉に出す
    彼はよく独り言をいう
  2. 伝聞の情報を伝える
    近々あの空き地に新しい建物がたつという
    同僚がいうには、今度の上司は切れ者らしい。
  3. (ものをそのような名前で)呼ぶ、呼びあらわす
    あんなふうな男を身勝手というんだ。
    昔、アーサー王という人がいた。
  4. 音が出る
    立て付けの悪い扉がギイギイいう
  5. 同様の意味合いをもつことをあらわす。
    ああいうことをやってはいけない。

活用

ワ行五段活用
い-う

発音[編集]

ゆ↗ー↘・ゆ↗ー
い↗う↘・い↗う
終止形は一般に ゆー と発音するが、改まった発話では いう も聞かれる。
変化形の ゆったゆわない などは俗語。 → ゆう

関連語[編集]

翻訳[編集]


古典日本語[編集]

漢字音訓[編集]

いう

  1. 字音仮名遣いに基づき、現代仮名遣いでは「ゆう」と書く。
    Wiktionary:漢字索引 音訓 い#イウ参照