きも

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

古典日本語きも」 < 日本祖語 *kimo

発音[編集]

東京式アクセント[編集]

き↗も↘

京阪式アクセント[編集]

き↘も

名詞[編集]

きも

  1. 肝臓
  2. 広く、内臓全体。
  3. 精神力度胸。また、精神意志
  4. 物事の肝心なところ。

関連語[編集]

翻訳[編集]


北奄美大島語[編集]

語源[編集]

琉球祖語 *kimo < 日本祖語 *kimo

名詞[編集]

きも

  1. (解剖学) きも。肝臓
  2. こころち。心情

参照[編集]


古典日本語[編集]

語源[編集]

日本祖語 *kimo

発音[編集]

二拍名詞三類

平安時代[編集]

↘きも

南北朝時代以降[編集]

き↘も

名詞[編集]

きも

  1. 肝臓
  2. 内臓
  3. こころ気力