ともし

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

ともし

  1. ともしび
  2. 狩り鹿おびき寄せるために松明などを燃やすこと。また、その松明。夏の季語。

発音[編集]

と↗もし↘
と↗もし

動詞[編集]

ともし

  1. ともす」の連用形。

古典日本語[編集]

名詞[編集]

ともし

  1. し、し】ともしび
  2. 】夏の夜の狩りで鹿をおびき寄せるために松明などを燃やすこと。また、その松明。

形容詞[編集]

ともしし、し】

  1. こころかれる。
  2. うらやましい。
  3. 不足している。とぼしい。
  4. まずしい。

活用

シク型活用
とも-し

発音(連体形)[編集]

四拍形容詞二類

平安時代[編集]
ともし↗き↘ぃ
南北朝時代[編集]
とも↘し↗き↘ぃ
室町時代以降[編集]
とも↘しき

関連語[編集]

諸言語への影響[編集]