出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

点-bw.png(学校で教えている筆順)
点-jbw2.png[1]

字源[編集]

  • 会意形声。「」+「」であるの略字。「占」が音符であり、「しっかりと定まる」などの意を有し、黒くしるし、しっかりと定めたものとなる。

意義[編集]

  1. 小さな印
    点線、黒点
  2. ある決まった場所
    地点、交差点
  3. (主として改善する必要がある)事柄
    問題点、弱点
  4. ものを判断する基準となる単位。
    採点、合格点、平均点
  5. ちょっと~する。
    点滅、点火
  6. 事細かく調べる。
    点検
  7. 文の区切りに用いるしるし「、」「。」など。
    句点、読点、中点
  8. 数学、物理などで位置だけを示し、力を持たない場所
    接点、作用点、落下点、焦点など

日本語[編集]

発音[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

名詞[編集]

  1. 小さな印、大きさを持たず位置のみの表現。ドットポイント

接尾辞[編集]

  1. ものを数える単位。(例)3先取した。衣服三

熟語[編集]

中国語[編集]

*

名詞[編集]

動詞[編集]

  1. 点を
  2. 注文する
  3. を点ける
  4. (液体を)らす
  5. ぽんれる
  6. 一つずつかぞえる、確認する
  7. 点播する

副詞[編集]

  1. (広東語)どうどうして

接尾辞[編集]

点钟の略)

  1. 時刻の単位表現。日本語における
  2. 時間の単位。日本語における時間又は、1点=60=3600

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]

脚注[編集]

  1. 『大きな活字の楷行草筆順・字体字典』江守賢治 三省堂 1983年