またぐ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

またぐぐ】

  1. (…をまたぐ)足をもち上げてを開き、…の上を通る。
    • 柵をまたぐ敷居またぐ
  2. 上に位置する。股にかける
    • 荒川を跨ぐ橋。
  3. 時間や区間などが、境界を越えて複数のものを含む。
    • 勤務時間は、夜の8時から日付をまたいで朝の4時までです。
    • グローバル企業は国境を跨いで活動している。
  4. 橋を渡る。反対の岸まで行く。境界の反対側へ行く。
    • 川を跨いで向こう側にビルが見える。(=対岸にビルが見える)

活用[編集]

また-ぐ 動詞活用表日本語の活用
ガ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
また

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 またがない 未然形 + ない
意志・勧誘 またごう 未然形音便 +
丁寧 またぎます 連用形 + ます
過去・完了・状態 またいだ 連用形音便 +
言い切り またぐ 終止形のみ
名詞化 またぐこと 連体形 + こと
仮定条件 またげば 仮定形 +
命令 またげ 命令形のみ

発音[編集]

ま↗た↘ぐ

関連語[編集]