よし

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

名詞:由[編集]

よし

  1. (雅語)理由
  2. (雅語)手段
    知るよしもない。
  3. (雅語・文書語)伝聞した内容。
    お元気とのよし伺い、なによりです。

名詞:葦[編集]

よし

  1. 水辺に群生するイネ科の植物であるあしの別名。
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアヨシ の記事があります。

語源[編集]

  • 「あし」が「悪し」に通じ縁起が悪いとされたため言い換えられたもの。

成句[編集]

翻訳[編集]

名詞:良[編集]

よしし】

  1. よいこと。
    来てよし見てよし。飲むもよし、食べるもよし。
    よしあし。

副詞[編集]

よし

  1. たとえかりによしんば
    英国人のかいた山水に明るいものは一つもない。明るい画が嫌(きらい)なのかも知れぬが、よし好きであっても、あの空気では、どうする事も出来ない。(夏目漱石『草枕』)

感動詞[編集]

よしし】

  1. (物事の首尾がよいことを表わす)よろしいオーケー。いいぞ。
    よし、できた。
  2. 決意を表す。
    よし、やるぞ。
  3. 了解を表す。
    よし、分かった。
  4. (多くの場合、繰り返して)ほめたり慰めたりあやしたりするのに用いる。
    「黒じゃないの。よしよし」/お高は頭を撫でてやった。黒はクンクン、鼻をならして、その手を舐めまわした。(矢田津世子 『凍雲』)

古典日本語[編集]

名詞[編集]

よし

  1. 理由
  2. 手段
    名にしおはば あふさか山の さねかづら 人にしられで くるよしもがな小倉百人一首・三条右大臣藤原定方
    その名にふさわしいのというのならば、「逢坂山のさねかづら」よ、蔓を手繰り寄せるように、知れずあの思う人の元へ辿り着く方法があればよいのに。

形容詞[編集]

よしし、し、し、し、し】

  1. よい

副詞[編集]

よし

  1. 不満ではあるが、仕方なく
    人皆は萩を秋といふ吾れはを花がうれを秋とはいはむ(万葉集)
    心をし君にまたすと思へればこの頃は戀ひつつあらむ(万葉集)
    萩の露玉にぬかんと取ればけぬよし見ん人は枝ながら見よ(古今集)
  2. たとえ、かりに、万一。
    人は思ひやむとも玉かづらかげに見えつつ忘らえぬかも(万葉集 倭太后
    みさご居るありそに生ふるなのりそよし名はのらじ親は知るとも(万葉集)
    よしこと時は知らず今宵は詠め(清少納言枕草子』)

派生語[編集]