ネタ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

ネタ(和語であるが俗語であるため、カタカナで表記されることが多い)

  1. 寿司具材
  2. 新聞記事などの素材
  3. 犯罪盗作証拠となるもの
    • なにもあっしがだんなをそでにするってえわけじゃねえんだが、あの三下奴を抱きこんでどろを吐かせたからこそ、ぞうさなくネタが上がることにもなったんだからね。このてがらの半分は、伝六様もおすそ分けにあずかりてえんだ。(佐々木味津三右門捕物帖 七七の橙』)
  4. 人に笑いを起こさせる事物行動要素
    1. 普通一般の人物から見て、何事でもないような事でもそれを笑いの種として受け止める人の事。
    2. つまらない日常を抜け、毎日が楽しくなるように物事を考える人の事。
    3. わざとであるとしても笑えるもの、笑うためのもの。
  5. 作り話。

語源[編集]

たね)を転倒させた語で、もとは特定の業種における専門用語であるが、現在は広く巷間に流布している。その発祥の業界が複数であるため、指し示す内容は多岐にわたる。寿司の具・具材の意味では、タネと言うこともある。

関連語[編集]

派生語
連結法