同士

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(どうし)

  1. 互い同じ種類であるもの
    • まだ双方の親元は正式に承知をしたわけではないが、本人同士は、かたく将来を約して別れたのである。(岸田國士「火の扉」)〔1944年〕[1]
    • そのような強敵を前にひかえて、同じ地球に住んでいる人間同士が戦いをおこすなどということは、ばかな話ではないか。(海野十三「三十年後の世界」)〔1948年〕[2]
    • 乗用車同士だったらすれ違えるけれども、大型のバスとかトラックが通れば片方の車は一たん停車しなければやり過ごせないというところが国道、主要地方道でかなり残っていると聞いております。(山崎力、第142回参議院国会国土・環境委員会)〔1998年〕[3]
    • 控えのロープ同士は繋げられるようになっているので、いざという時には、三〇〇尋以上の一本のロープにして魚に対応できるのだった。(アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』)〔石波杏訳2015年〕[4]
  2. 互い同じ関係にある
    • 同士だからなんといっても顔見合わせる機会が多い。(伊藤左千夫「隣の嫁」)〔1908年〕[5]
    • 教室や学生の倶楽部や、宴会によって、種々な異性同士が紹介されます。喋ったり、遊戯をしたり、一緒に舞踏をしたりして、多数の中で先ず交際が始ります。(宮本百合子「男女交際より家庭生活へ」)〔1922年〕[6]
    • 前世では敵同士だったかも知れないね。(長谷川伸「一本刀土俵入」)〔1931年〕[7]
    • 見知らぬ人同士、話しかけて智恵を借り合うのもありました。(豊島与志雄「沼のほとり」)〔1946年〕[8]
  3. 仲間同志
    • わからなくても戦わねばならぬ、自分ひとりではない、ここに三人がいる、船底にはさらに十一人の少年がいる、同士のためにはけっして心配そうな顔を見せてはならぬのだ。(佐藤紅緑「少年連盟」)〔1931年–1932年〕[9]
    • 吉之助様と同じように、薩州様のご藩士で、勤王討幕の志士のお一人で、吉之助様の同士なのでございます。(国枝史郎「犬神娘」)〔1935年〕[10]

用法[編集]

  • 語義1と2では、一般的に、名詞に続けて接尾辞的に使われる。

[編集]

  1. 青空文庫(2012年12月22日作成)(底本:「岸田國士全集16」岩波書店、1991年9月9日発行)https://www.aozora.gr.jp/cards/001154/files/43848_49634.html 2018年5月26日参照。
  2. 青空文庫(2001年7月17日公開、2007年8月29日修正)(底本:「海野十三全集 第13巻 少年探偵長」三一書房、1992年2月29日初版)https://www.aozora.gr.jp/cards/000160/files/2617_23917.html 2018年5月26日参照。
  3. 「第142回参議院国会 国土・環境委員会 第8号(平成10年4月8日)」国会会議録検索システム http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/142/1326/14204081326008a.html 2018年5月26日参照。
  4. 青空文庫(2015年9月29日作成)クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンス公開(翻訳の底本:Ernest Hemingway (1952) THE OLD MAN AND THE SEA. London: Jonathan Cape.)https://www.aozora.gr.jp/cards/001847/files/57347_57224.html 2018年5月26日参照。
  5. 青空文庫(2008年10月19日作成)(底本:「野菊の墓」集英社文庫、集英社、1981年7月30日第6刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000058/files/1196_33297.html 2018年5月26日参照。
  6. 青空文庫(2003年5月26日作成)(底本:「宮本百合子全集 第十四巻」新日本出版社、1986年3月20日第5刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/3143_10769.html 2018年5月26日参照。
  7. 青空文庫(2018年2月25日作成)(底本:「長谷川伸傑作選 瞼の母」国書刊行会、2008年5月15日初版第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001726/files/56081_64124.html 2018年5月26日参照。
  8. 青空文庫(2008年1月16日作成)(底本:「豊島与志雄著作集 第四巻(小説4)」未来社、1965年6月25日第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000906/files/42722_29448.html 2018年5月26日参照。
  9. 青空文庫(2008年1月28日作成)(底本:「少年連盟」少年倶楽部文庫、講談社、1976年4月16日第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000575/files/46488_29608.html 2018年5月26日参照。
  10. 青空文庫(2004年11月24日作成)(底本:「怪しの館 短編」国枝史郎伝奇文庫28、講談社、1976年11月12日第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000255/files/43559_17043.html 2018年5月26日参照。