もの

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

モノ も参照。

日本語[編集]

名詞:物[編集]

もの

  1. 姿すがたかたちのあるまとまり。ひとつの意味を持ったまとまった存在
    1. 商品衣服、食べ物などを漠然と指す。
    2. 所有物、所属物。
      • 人のものをかってに使うな。
    3. 商品製品
      • ものがいい。
  2. 転じて、実際には存在しないが、頭の中で考えられる存在。
    1. 言葉、道理世事文章作品学問知識ことがらなどを漠然と指す。
    2. 習得によって水準に達した状態
      • ものになる。ものにする。
    3. 困難難敵
      • ものともしない。
  3. 妖怪怨霊など。
    • ものにとりつかれたように没頭している。
  4. 法律物権、端的には所有権客体となる有形財。ものと区別するために、慣行的に「ブツ」と読むことがある。
  5. (接尾辞的に)
    1. その分野種類に属する事物など。
      • 推理もの。五年ものの酒。瀬戸物。
    2. 相当する事物
      • 懲戒もの。ノーベル賞もの。
    3. 動詞連用形について、行為の対象や生成物。
      • 食べ物。履物。焼き物。作り物。

発音[編集]

も↗の↘

語源[編集]

関連語[編集]

熟語[編集]

翻訳[編集]

名詞:者[編集]

もの ()

  1. ひと。(尊敬語には使わず、かたを使う。敬譲語には使われる。)

発音[編集]

も↗の↘
IPA: /??/
X-SAMPA:/??/

関連語[編集]

  • 類義語:ひと
    「者」は「人」に比べ、ある行為をする主体を抽象的・一般的に表現する場合に用いられる。

翻訳[編集]

名詞:形式名詞[編集]

もの

  1. (「辞書形・ない形」+ものだ)それが当然である、そのような性質を持っている、といった意味を表す。
    • 子供は落ち着きがないものだよ。
  2. (「辞書形・ない形」+ものだ)社会的な常識を伝えることによって、アドバイス命令などを行う。
    • 受験生は夜遅くまで勉強するものだ。
    • 人をからかったりなどするものではない。
  3. 詠嘆のニュアンスを表す。
    • ずいぶんと大人になったものだなあ。
    • ろくなものではない。ひどいものだ。
  4. 過去の習慣的行為を回想的に表す。
    • 小さい頃は河原でよく遊んだものだ。
  5. (可能形+ものではない、など)不可能であることを強調する。
    • まともに食えたものじゃない。
    • 何をするか分かったものではない。
  6. (ものか、など)反語を強調する。
    • 誰がやるものか。
    • そんな話があってたまるものか。
  7. (ものとみえる、ものと思われる、など)様子、推測内容といった意味を表す。
    • 示談が成立したものと見られる。
  8. (ものとする、など)規定、決定事項などを表す。
    • これにより示談が成立したものとする。

動詞[編集]

ものするする】

  1. 詩文などを作る。

活用

サ行変格活用
もの-する

助詞[編集]

終助詞接続助詞[編集]

  1. 詠嘆のニュアンスを表す。もんから
    • あなたは学校の成績がいいものね。
  2. 理由を示す。もん。から。
    • だって前から買いたかったんだもの。
    • そうおっしゃるけど、その時私は家にいなかったんだもの。
    • あなたはよく働くもの、きっとうまくいくでしょう。