出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「土」+音符「」、「孰」は「」+「(←)」の会意。「享(古体:)」は「」の原字で、城郭の象形、「丮」は、両手で工事するさま。「孰」は城郭に付属して建物を意味していたが、音を仮借し、「いずれ、だれ」の意に用いるようになったため、「土」を付し土づくりの家を表すようになった。

意義[編集]

  1. 城門に付属する部屋。
  2. 私人が開く学校。

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. 民間の教育機関。
  2. 1.のうち特に学習塾を指す。
    塾通い
  3. (古)主として江戸時代に主催者が自宅の書斎を教場とし、自ら教授した小規模な中等・高等教育機関。

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]