日食

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア日食 の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

 にっしょく 日蝕とも)[1][2]

EclipseMarch06.jpg
  1. 天文][原義本義狭義]太陽が欠けるように見える現象掩蔽(wp)による)の一種で、地球から見たときに、(地球の月)によって太陽の一部、または全体がが隠されること。
    すなわち、太陽のあまり大なるがゆえに、比較的微力なるは、覆いかくされたものであります。それゆえに、ひとたび日食にでもなりますと、きらきらと星は光り輝くのであります。 (井上円了『妖怪談』)〔1905年〕
  2. [天文][広義あるいは拡張用法)] 掩蔽による食(蝕)の一種で、観察から見たときに、衛星の月(広義の「月」、すなわち地球の月や惑星の月)によって太陽が隠される現象。

発音[編集]

に↗っしょく

表記揺れ[編集]

翻訳[編集]

関連語[編集]

  • による食

脚注[編集]

    • 上田万年松井簡治『大日本国語辞典』 金港堂書籍、第4巻、1919年12月18日、紙面32ページ、デジタル19ページ、全国書誌番号:43022818、国立国会図書館デジタルライブラリー pid 954648/19
  1. 下中弥三郎編『大辞典』 平凡社、第20巻、1936年4月30日、紙面50ページ、デジタル31ページ、全国書誌番号:67012501、国立国会図書館デジタルライブラリー pid 1873528/31