つき

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

名詞: 月[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
Wikiquote
フリー引用句集ウィキクオートに関連のあるページがあります。
語義1。写真は満月

つき

  1. 地球の周囲を公転する唯一の天体。地球の自然の衛星
    月が空に現れることを「月がでる」という。
    地球の自転によって月が段々空の高い位置へ移ることを「月がのぼる」という。
    地球の自転によって月が段々空の低い位置へ移り見えなくなることを「月がしずむ」という。
    月の形が日を経るに従って新月から満月に変わることを「月がみちる」という。
    月の形が日を経るに従って満月から新月に変わることを「月が欠ける」という。
  2. 《俳句》(月(1)のうち、特に)の月。
    俳句でただ「月」と言った場合この意味であり、秋の季語である。
  3. (語義1を一般化して)惑星の周囲を公転する天体。衛星。
  4. 月(1)の
  5. 月(1)が地球の周囲を1回公転するのにかかる時間
    和語系の助数詞では「半月(はんつき)、ひと月、ふた月、み月、よ月」と数える。5以上はあまり用いられない。
    漢語系の助数詞では「1箇月(いっかげつ)、2箇月、3箇月…」と数える。
  6. 暦法によって月(5)にほぼ等しいとされる期間グレゴリオ暦では1年に12ある。

発音[編集]

東京
ツ↗キ↘
京都
↗ツ↘キ

熟語[編集]

複合語[編集]

関連語[編集]

類義語[編集]

月(1)[編集]
月(5)[編集]
月(6)[編集]

上位語[編集]

月(1)[編集]

下位語[編集]

月(6)[編集]

翻訳[編集]


名詞: 突き[編集]

つきき/き】(「つく」の連用形。)

  1. 手又は長い柄のあるもので突くこと。
  2. 武術、武道における攻撃の一。
  3. 競技剣道における決まり手の一つで、につく突き垂に、正面より竹刀先端を刺しぬくようにあてること。
  4. 競技銃剣道における決まり手で、上胴、下胴、喉、左小手、肩を正面より木銃を刺しぬくようにあてること。
  5. 競技短剣道における決まり手の一つで、胴や喉を正面より刺しぬくようにあてること。

訳語[編集]


名詞: 尽き[編集]

つきき】(「尽く」又は「尽きる」の連用形)

  1. 尽きること。もうないこと。おわり。
    運のつき

名詞: 付き[編集]

つきき】

  1. 幸運
    つきが回ってきた。つきに見放された。

語源[編集]

  • 付く」の連用形。「運が付く」から、又は「(神が)く」等にも関連か?

翻訳[編集]


名詞: 坏[編集]

つき

  1. 古代日本で用いられた、主に食物を盛る容器より浅く、より深い。

複合語[編集]

派生語[編集]