出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 象形。人が口を開け体を曲げた様。
欠-seal.svg

欠-bigseal.svg
小篆

流伝の古文字
説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

音読みが「ケン」
  1. あくび
  2. 負い目借りの有る。
  3. (性質を) かくかける足りない。
(日本語) 音読みが「ケツ」、『』との混同
  1. (性質、容器など全般) かくかける
  2. (『』の代用) やむやめるとまる

日本語[編集]

発音[編集]

  • 音読み
  • 訓読み : か-けるか-くあくび
  • 「ケツ」の音は『缺』の代字として有するもの。『欠』は「足りない」という意味を持つが、「破損する」「空位」という意味は持たない。逆に、『缺』は「足りない」「破損する」「空位」のどれの意味も持っており、汎用性は『欠』を上回る。しかし、戦後に『缺』が当用漢字から外され、『缺』の代用字となって現在に至る。

熟語[編集]


中国語[編集]

*

名詞[編集]

  1. あくび

類義語[編集]

形容詞[編集]

  1. 借りが有る。
  2. (性質を) く。ける。りない。
    • 思慮
      思慮が周到を欠く。思慮に周到さが足りない

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

名詞[編集]

  1. 不足欠いていること。

熟語[編集]


コード等[編集]

点字[編集]