出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「」+音符「」、「召」は「(曲線を描いた刃物)」を音符とする会意形声文字で、「(手を曲げまねく)」の原字(藤堂説。その他、白川説などは「」参照)。あまねくてらすの意で「」の原字、「照」の文字に代えられ、あまり用いられなくなった文字であったが、元号昭和」において用いられたため、日本においては、比較的使用機会の多い漢字となった。したがって、日本では「昭和」以外に一般的に用いる漢熟語は少ない。

意義[編集]

  1. あきらか

日本語[編集]

発音[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]

点字[編集]