出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 象形が並んで生えている形。又は、「」(草の芽の出る様を象る)を並べた会意文字。 
艸-seal.svg

小篆

説文
(漢)

関連字[編集]

」を音符とする形声文字 (諧声域=*TSU)
精母 清母 從母 心母
一等 平声 豪韻
上声 晧韻 (厚韻:𠻛
去声 號韻
入声 沃韻
莊母 初母 崇母 生母
二等 平声 肴韻
上声 巧韻
去声 效韻
入声 覺韻
精母 清母 從母 心母 邪母
三等A 平声 尤韻
上声 有韻 - -
去声 宥韻
入声 屋韻
莊母 初母 崇母 生母
三等B 平声 尤韻
上声 有韻
去声 宥韻
入声 屋韻

意義[編集]

  1. 草。

日本語[編集]

発音(?)[編集]

名詞[編集]

  1. 草に同じ。

中国語[編集]

*

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]


ベトナム語[編集]

*


コード等[編集]