perire

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

periré も参照。

イタリア語[編集]

語源[編集]

ラテン語 perīre

動詞[編集]

perire

  1. ぬ。ほろびる。

アナグラム[編集]


ラテン語[編集]

語源[編集]

接頭辞 per- +‎ īre

動詞[編集]

現在 pereō, 不定形 perīre, 完了 periī, スピーヌム peritum.

  1. える。くなる。
  2. ぬ。ほろびる。
  3. がれる。

語形変化[編集]

不規則でīreのように活用する。完了形は通常、periī と縮約されるが時々perīvī が用いられることがある。

    perire (不規則, 所相で非人称)の活用
直説法 単数 複数
一人称 二人称 三人称 一人称 二人称 三人称
能相 現在 pereō perīs perit perīmus perītis pereunt
未完了 perībam perībās perībat perībāmus perībātis perībant
未来 perībō perībis perībit perībimus perībitis perībunt
完了 periī, perīvī perīstī, perīvistī periit, perīvit periimus perīstis periērunt, periēre
完了過去 perieram perierās perierat perierāmus perierātis perierant
未来完了 perierō perieris perierit perierimus perieritis perierint
所相 現在 perītur
未完了 perībātur
未来 perībitur
完了 peritus + sumの直説法能相現在形
完了過去 peritus + sumの直説法能相未完了形
未来完了 peritus + sumの直説法能相未来形
接続法 単数 複数
一人称 二人称 三人称 一人称 二人称 三人称
能相 現在 peream pereās pereat pereāmus pereātis pereant
未完了 perīrem perīrēs perīret perīrēmus perīrētis perīrent
完了 perierim perierīs perierit perierīmus perierītis perierint
完了過去 perīssem perīssēs perīsset perīssēmus perīssētis perīssent
所相 現在 pereātur
未完了 perīrētur
完了 peritus + sumの接続法能相現在形
完了過去 peritus + sumの接続法能相未完了形
命令法 単数 複数
一人称 二人称 三人称 一人称 二人称 三人称
能相 現在 perī perīte
未来 perītō perītō perītōte pereuntō
非定型 能相 所相
現在 完了 未来 現在 完了 未来
不定法 perīre perīsse peritūrus esse perīrī peritus esse
分詞 periēns peritūrus peritus pereundus
動名詞 動名詞 スピーヌム
主格 属格 与格/奪格 対格 対格 奪格
perīre pereundī pereundō pereundum peritum peritū

同族語[編集]

派生語[編集]

諸言語への影響[編集]