ramus

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ramûs 、 ramūs 、および rámus も参照。

英語[編集]

語源[編集]

発音(?)[編集]

  • IPA(?): /ˈreiməs/[1] (慣用音: 「イマス」)

名詞[編集]

ramus (複数 rami)

  1. 植物学
  2. 解剖学》 枝もの
    1. 枝分かれ血管
    2. 枝分かれした神経
    3. 枝状の
    4. 鳥類学》 (羽枝うし

関連語[編集]

参照[編集]

脚注[編集]

  1. 小学館ランダムハウス英和大辞典』小学館ランダムハウス英和大辞典第二版編集委員会 編、1994年、第二版、2236頁。 ISBN 4-09-510101-6

ラテン語[編集]

名詞[編集]

rāmus 男性


単数 (singularis) 複数 (pluralis)
主格 (nominativus) rāmus rāmī
呼格 (vocativus) rāme rāmī
対格 (accusativus) rāmum rāmōs
属格 (genitivus) rāmī rāmōrum
与格 (dativus) rāmō rāmīs
奪格 (ablativus) rāmō rāmīs


訳語[編集]

関連語[編集]

諸言語への影響[編集]

リトアニア語[編集]

語源[編集]

発音(?)[編集]

  • IPA: [rɐˈmʊs̪] (慣用音: 「ラス」)

形容詞[編集]

ramùs 男性 (原級・非限定形のアクセント型: 4, 中性: ramù) [1][2]

  1. 穏やかな
  2. 閑静な静かな
  3. 安らかな

語形変化[編集]

原級:

非限定形(アクセント・タイプ: 4):

限定形(アクセント・タイプ: 4):

比較級:

非限定形(アクセント・タイプ: 2または4):

限定形(アクセント・タイプ: 4):

最上級:

非限定形(アクセント・タイプ: 1):

限定形(アクセント・タイプ: 1):

使用例[編集]

語義1: <穏やかな>

原級…非限定、男性・単数・主格:

原級…非限定、女性・単数・主格:

語義2: <閑静な>

原級…非限定、女性・単数・主格:

語義3: <安らかな>

原級…非限定、男性・単数・主格:

類義語[編集]

関連語[編集]

派生語[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 Balčikonis, Juozas et al., ed (1954). Dabartinės lietuvių kalbos žodynas. Vilnius: Valstybinė politinės ir mokslinės literatūros leidykla. p. 653.  NCID: BA04576554
  2. 村田郁夫・編『リトアニア語基礎一五〇〇語』大学書林、1994年、60頁。ISBN 4-475-01112-4