やる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

動詞[編集]

やるる、る】

  1. (完了するために)実行する。取り組む。意志欲望をとげるためにする。趣味や習慣としてする。
    「宿題をやる。」「やるのかやらないのかはっきりしろ。」「やりたい放題わがままをする。」「大変な事業だったが、ついにやり遂げた。」
    1. (俗語・婉曲)(人目に憚られることを)する。犯罪や性交など。
      彼女とやる
    2. (殺る)(俗語・婉曲)殺す
      組長を殺る
  2. (「(連用形)+て」に接続)対象に何か働きかける。わざわざ何々する。
    よいスープを作るには、時々かき混ぜてやる必要がある。
    1. 相手の利益のために何々する。
      席を譲っておやりなさい。
      (用法)自分の動作に使うと、恩着せがましく聞こえることもある。
      一応、お前の考えも聞いてやる
    2. わざと嫌がることをする。
      証拠といわれるとグッと詰って、こればッかりは、どうにも言い返してやれないから、「エエ、畜生め。何が証拠がいるものか。癩病やみの血筋の秘密を握られて二人の男を殺したと言いふらしてやるから覚えていやがれ」(坂口安吾 明治開化 安吾捕物
  3. (連用形に接続)ある動作を完了させる。
    端に追いやる。遠くから来やる
  4. (遣る)与える
    小遣いをやる。植木に水をやる
  5. (遣る)送る。遣わせる。差し向ける。
    使者をやる。ふと窓の外をやる
  6. (遣る)取り回す。引き入れる。
    遣水(日本庭園で、水を引き入れる水路。)

活用

ラ行五段活用
や-る

発音[編集]

や↗る↘

関連語[編集]