ゆき

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

発音[編集]

ゆき
IPA: /??/
X-SAMPA:/??/

名詞・雪[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

ゆき

  1. 気象現象で、水蒸気空中結晶し、地上まで降りたもの。またそれが地上において溶けずに堆積したもの。
  2. 語義1が降る天候

関連語[編集]

訳語[編集]


名詞・裄[編集]

ゆき

  1. (特に和服)の背中中心縫い目から袖口までの長さ

名詞・行き[編集]

ゆきき、き】

  1. いくゆく(行く、往く)」の名詞化。ゆくこと。いき
    来月の十三日は三周忌、鎌倉行きのことが新聞に出たのは十三日なのです。(葛西善藏、『椎の若葉』
  2. 一般に地名後置し、乗り物最終到着地を示す。
    「博多行きのぞみ15号」
  3. 往路。

翻訳[編集]


名詞・悠紀[編集]

ゆき

  1. 大嘗祭のとき、神事用いる新穀奉納するため選ばれた第一

関連語[編集]