土下座

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア土下座 の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

  (どげざ)

  1. 相手服従する意志示したり、許し乞うたりするため、ひざまずいて額づくこと。
    はずれまで宿役人、おもだっ世話役などが、土下座をしてお行列迎えている。(林不忘丹下左膳』)
    すると、先生土下座をして平あやまりあやまりおまけに金一円を包ん配達夫握らせ、やっと内済にしてもらったとのことである。(下村湖人次郎物語』)

発音[編集]

ど↗げざ

関連語[編集]

動詞[編集]

  1. 跪いて額づく。
    四民平等見なされ、権威高いものして土下座する旧習破られ、平民たりとも乗馬苗字まで差し許される世の中になって来た。(島崎藤村夜明け前』)
    やいあやまれ土下座してすみませんでしたと言え!(久生十蘭金狼』)

活用

サ行変格活用
土下座-する

翻訳[編集]