かんなづき

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

かんなづき

  1. (古語・雅語)十月

語源[編集]

古くから、八百万の神出雲に集うため、出雲以外には神が居なくなる月と伝えられ、出雲では「神有月・神在月(かみありづき)」と称されるが、現在では後世の附会であるとされ、真の語源は不明である。

類義語[編集]

月名(日本語 古語・雅語)
1月 2月 3月 4月 5月 6月
睦月(むつき) 如月(きさらぎ) 弥生(やよい) 卯月(うづき) 皐月(さつき) 水無月(みなづき)
7月 8月 9月 10月 11月 12月
文月(ふづきふみつきふみづき) 葉月(はづき) 長月(ながつき) 神無月(かんなづき) 霜月(しもつき) 師走(しわす)