出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 指事。まとめて、一本「丨」にすることから、後にまとめたことがわかるよう中央部がふくれた。又は算木象形文字。もともとの形を現すとも(なお、「シン」の音はdhiəɔpのp音がmpを経てm音となったもの)。
十 十 十 十
甲骨文字 金文 大篆 小篆

意義[編集]

  1. 10の次のの前の

日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア10 の記事があります。

発音[編集]

  • 音読み
    • 呉音 : ジュウ(ジフ) 、ジッ
    • 漢音 : シュウ(シフ)(表外)
    • 慣用音 :ジュッ
      • 「十」の伝来時の音は[ʑip]と推定され、当時の日本語にない[-p]の音(入声)は「-フ(音は[-ɸu]と推定されている)」と音写されたため、「十」は「ジフ」として受け入れられ、後に「ジュウ」に変化した。一方、入声はk,s,t,h,pといった無声子音が後続するときは促音便化するという性質(例.合[ガフ]→合算[ガッサン])があったため、「十」も促音便は「ジッ」であり「十本」は「ジッポン」、「十間」は「ジッケン」と発音された。近年になり、「ジュウ」の音に引きずられ、促音便は「ジュッ」が広く受け入れられるようになった[1]改定常用漢字表では、備考に「『ジュッ』とも。」と注記されている[2]
        円 (じゅうえん)
        個 (現代の発音: じゅっこ、伝統的な発音: じっこ)
  • 訓読み

数詞[編集]

  1. 10を表す。、十を約数とする合成数の次での前のをあらわす十進法基数

翻訳[編集]

熟語[編集]

参考文献[編集]

  1. NHK 放送文化研究所, (2005), NHK ことばのハンドブック, 日本放送出版協会, ISBN 978-4140112182
  2. 常用漢字表(平成22年11月30日内閣告示)(PDF形式)

中国語[編集]

*

数詞[編集]

  1. 10とお

形容詞[編集]

  1. 完全な、トップの。
    十全十美

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]


ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]