ひさぐ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

古典日本語「ひさく

動詞[編集]

ひさぐぐ・ぐ・ぐ】

  1. (古語・雅語)(他動詞) 売る
    • は多し、またに膳に上す国で、魚市は言うにも及ばず、市内到る処の魚屋の店に、春となると、この怪い魚を鬻がない処はない。(泉鏡花 『茸の舞姫』)
    • 支那に路上春を鬻ぐの女を野雉と云ふ。(芥川龍之介 『骨董羹 ―寿陵余子の仮名のもとに筆を執れる戯文―』)

活用[編集]

ひさ-ぐ 動詞活用表日本語の活用
ガ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
ひさ

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 ひさがない 未然形 + ない
意志・勧誘 ひさごう 未然形音便 +
丁寧 ひさぎます 連用形 + ます
過去・完了・状態 ひさいだ 連用形音便 +
言い切り ひさぐ 終止形のみ
名詞化 ひさぐこと 連体形 + こと
仮定条件 ひさげば 仮定形 +
命令 ひさげ 命令形のみ